初診予約
発熱外来問診票

漢方診療について


漢方診療について
当クリニックの診療では、西洋医学だけでなく漢方も取り入れています。
病状と体質について詳しく伺い、診察したうえで「どちらに比重をおくか」を判断しています。

西洋医学では、まず診察や検査で「病名」を診断します。治療は「病名」、つまり「原因」を取り除いたり、抑えたりする方ことを目指します。
一方、漢方ではまず「病状」を判断します。治療は「病状」、つまり「状態」を健康なものに戻していくことを目指します。

各々の長所を活かして、おひとりおひとりに合った治療方法を提案していきます。



このような疾患・症状でお困りの方は、
お気軽にご相談ください。
  • 腰痛
  • 肩こり
  • こむら返り
  • 消化不良
  • 慢性胃炎
  • 慢性膀胱炎
  • 膀胱炎症状
  • 慢性下痢
  • アレルギー性鼻炎



主な処方漢方薬

クラシエ甘草湯(1日2回) クラシエ甘草湯(1日2回)

対象となる症状
喉の痛み、咳、痰
クラシエ柴胡桂枝湯(錠剤) クラシエ柴胡桂枝湯(錠剤)

対象となる症状
長引く風邪(咳、鼻汁、喉の痛み、身体の怠さ)

コタロー麻黄附子細辛湯(カプセル)

対象となる症状
喉の痛み、鼻水、寒気


ツムラ 1番 葛根湯 ツムラ 1番 葛根湯

対象となる症状
風邪気味(「寒気」くらいの段階)、肩こり
ツムラ 5番 安中散 ツムラ 5番 安中散

対象となる症状
胃の痛み
ツムラ 17番 五苓散 ツムラ 17番 五苓散

対象となる症状
嘔気、下痢、幻暈、頭痛
ツムラ 23番 当帰芍薬散 ツムラ 23番 当帰芍薬散

対象となる症状
冷え、むくみ、更年期障害
ツムラ 24番 加味逍遥散 ツムラ 24番 加味逍遥散

対象となる症状
冷え、便秘、更年期障害
ツムラ 29番 麦門冬湯 ツムラ 29番 麦門冬湯

対象となる症状
咳、喉の違和感、痰
ツムラ 30番 真武湯 ツムラ 30番 真武湯

対象となる症状
冷え、下痢、お臍周りの痛み、身体の怠さ
ツムラ 41番 補中益気湯 ツムラ 41番 補中益気湯

対象となる症状
身体の怠さ、気力低下
ツムラ 43番 六君子湯 ツムラ 43番 六君子湯

対象となる症状
欲低下、胃もたれ
ツムラ 51番 潤腸湯 ツムラ 51番 潤腸湯

対象となる症状
便秘、肌・髪・爪の荒れ
ツムラ 54番 抑肝散 ツムラ 54番 抑肝散

対象となる症状
イライラ、不眠症
ツムラ 60番 桂枝加芍薬湯 ツムラ 60番 桂枝加芍薬湯

対象となる症状
お臍周りの痛み、便秘・下痢
ツムラ 63番 五積散 ツムラ 63番 五積散

対象となる症状
冷え、お臍周りの痛み
ツムラ 68番 芍薬甘草湯 ツムラ 68番 芍薬甘草湯

対象となる症状
けいれん、ひきつけ
ツムラ 84番 大黄甘草湯 ツムラ 84番 大黄甘草湯

対象となる症状
便秘
ツムラ 100番 大建中湯 ツムラ 100番 大建中湯

対象となる症状
お臍周りの冷え、お腹の張り、お腹の手術後の便秘予防
ツムラ 107番 牛車腎気丸 ツムラ 107番 牛車腎気丸

対象となる症状
腰痛、下半身の冷え、頻尿、足のむくみ





漢方の飲み方・当院の方針

※ここでおすすめしている服用方法は、当クリニックにおける考え方です。添付文書や他の医療機関の見解・用法を否定するものではありません。
・食前30分の服用が原則ですが、直前(忘れて食べてしまったら食後)でもかまいません。
・最後の文字が「湯」のものは原則お白湯で、「散」のものはこだわりありません。
・飲み口や匂いがよほど合わないと感じられなければ、原則として1週間~10日間は服用いただきたいです。
(そのくらい飲めば効果があるか判定できます)
・顆粒が飲みにくいようならお白湯に溶いて服用してもかまいません。



漢方診療をご希望の方へのお願い

漢方診療について
漢方診療での問診では、体質についてご質問することがあります。「暑がりか寒がりか」「食欲・お通じ・睡眠の状況はいいか」など、事前に想定していただけるとスムーズに診療が進みます。
漢方診療について
過去の健診や検査で異常があった場合、漢方薬でなく西洋医療による治療をお勧めする場合があります。過去の検査結果がわかるものをお持ちであれば、ご持参いただけると助かります。
漢方診療について
漢方診療では、状態把握のために症状に関わらずお腹を診察させていただきます。コルセット着用の方は、事前に外していただくなどご協力をお願いします。